卒入学式にもおすすめの江戸小紋「七宝」卒入学式にもおすすめの江戸小紋「七宝」

2019年11月29日

卒入学式にもおすすめの江戸小紋「七宝」

今朝やっとお日様が照りました。だけどとっても寒かったですね。だんだんとお外の空気が年の瀬の匂いになってきました。気を引き締めて参らねバ風邪をひいてしまいそうです。いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日も素敵な江戸小紋をコーディネートいたしました。来春のご予定などございます方には、お式関係へのご出席にもふさわしい江戸小紋です。

シャンパンベージュ色「七宝」江戸小紋
彫:今坂千秋
染:廣瀬雄一

なんとも細やかな美しい型紙を、ふわりとしたシャンパンベージュ色で染めた、大人シックではんなりとした柔らかさを感じる江戸小紋「七宝」文様です。

七宝は、七つの宝。金・銀・瑠璃・珊瑚・玻璃(水晶)・瑪瑙(めのう)・蝦蛄(白珊瑚)。ふむふむ何だかキラキラしますね。確かにお宝。

でもそればかりではなくて、丸い輪が四分の一ずつ重なる七宝文は、輪は「和」であり、円満な人生、人とのご縁、お宝や繁栄がどこまでも繋がる縁起の良い文様とされてきました。

微細な文様で、しなやかにお召し頂ける七宝文様江戸小紋は、春の卒入学式はもちろん、初釜やお食事会、幅広くお召し頂けるお着物です。

本日は、お式や初釜にもおすすめの、フォーマルコーディネートをしてみました。

泰生織物袋帯「装飾華文」×江戸小紋「七宝」

泰生織物さんの袋帯の中でも大変に手の込んだ作品「糸錦袋帯」です。

(以下泰生織物さんHPより抜粋)整然と並べられた4800本の経糸に1cm間に23越もの緯糸を打ち込み、三椏の和紙に柿渋、漆、本金箔など自然が創り出した素晴らしい素材を使って、1枚1枚手作業で作り上げられた本漆本金箔を引き、様々な彩色糸で文様を表した工芸袋帯の逸品です。本金と漆が放つ重厚な輝きの上で、精緻な織りの技が醸し出す気品と優美は、絹の風合いの成す素晴らしい締め心地の中で、新しい表情を見せてくれます。

本金箔ですが色目はシャンパンゴールドの艶やかな色、そしてこの細やかな「華紋」のデザインが言葉では言い表せぬほど豊かで美しいのです。どんな式典にも臆することなくお召し頂ける大事な逸品帯です。色留袖や訪問着・付下げにもコーディネート頂ける帯です。

※商品ページへの掲載はございませんので、お値段などはどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

伝統的な手技をじっくりと味わえるコーディネートは、人生の節目の式典や、晴れやかなお席にもふさわしく、思い出に残る一日となることでしょう。

※廣瀬雄一作江戸小紋「七宝」詳細ページ⇒こちら(お値段はどうぞお気軽にお問合せ下さい)

※廣瀬作品は、色や素材にこだわって制作して頂いています。お誂え染めはお受けしておりませんので、もしお気に召して下さいましたら、どうぞお早目に染め上がり反物をお求め下さいませ

【ご案内】

三重県のアンテナショップ「三重テラス」にて、12/8(日)-12/9(月)の2日間は、『江戸小紋と伊勢型紙~日本橋と三重を結ぶ職人の美意識~』のイベントが開催されます。こちらの「七宝」を制作して下さった、伊勢型紙彫師「今坂千秋」さんと江戸小紋染め師「廣瀬雄一」さんの、トークショー、伊勢型彫り実演、作品の展示が予定されています。

※詳細⇒こちらにて(入場無料、12/8は事前申込制

 

また★当店では染め上がっている反物の他、お客様のご要望に応じてオーダー染めを承っております

【江戸小紋オーダー染めの通常納期について】

染め:1か月半/ 仕立て:1か月半

春の卒入学式をご予定の方は、年内じゅうにご注文下さいますと安心です。また「紋入れ」をご希望なさいます場合はぜひ年内発注をお願いいたします

 

<営業時間>

火・水   午前11:00~午後6:00

木・金・土 午前11:00~午後7:00

定休日:日曜日・月曜日

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード