ハートがいっぱい江戸小紋ハートがいっぱい江戸小紋

2019年11月28日

ハートがいっぱい江戸小紋

東京では1週間連続の雨☔です。久しくお陽様を見ていないようでグッタリしてしまいますが、お天気予報では明日の金曜日には☀マークです。今晩寝たら、明日は秋晴れ、いやもう冬晴れですね。週末は今年最後に落葉寸前の紅葉を楽しめるのかもしれません。楽しみです🍂

さて本日は、素敵な江戸小紋をコーディネートしてみました。年末年始の煌く季節や春の行事にも、華やかな装いが美しい江戸小紋です。

江戸小紋「葵」(廣瀬雄一作)

葵(あおい)の葉っぱは愛らしいハート形、お日様に向かってスクスク伸びることから、日を仰ぐ「仰日(あうひ)」が高じて「あおい」になったのだとか。古くから縁起の良い文様とされてきました。

この♡がみんな揃ってお日様を仰いでいるなんて、なんて晴れ晴れとしたお着物なのでしょう。

深く鮮やかな「マドンナブルー」と、(まだ見たことはありませんが)天国の空の色「セルリアンブルー」の2色で染めた、廣瀬雄一さんのセンスの光る作品です。

華やかなお色、私に似合うかな~と思われましたら、どうぞぜひ、ご試着にお出かけ下さいませ(*^^)v

※江戸小紋「葵」商品ページ⇒こちら(お値段はお気軽にお問合せ下さい)

コーディネートには、まず名古屋帯を合わせてみましょう!

こちらの手織り名古屋帯は、繊細な糸を集めて織る、職人さんの手技だのみの逸品帯です。光を集めて煌めく不思議な工芸品のような帯、何しろ一点ものです。普段はもちろんパーティでも活躍します。

ブルーと白のコントラストはいかにも爽やかで、モダンなドレス感覚の装いをお楽しみ頂けます。お着物でドレス感覚!都会の街並みやレストランにも美しい装いが良く似合います。

※織名古屋帯「ペルシャ横段文」⇒こちら

お洒落な袋帯を合わせました!

織楽浅野袋帯「蔓花華文」です。織楽さんらしい味わいのある色づかいとデザインが、セミフォーマルシーンを現代的に彩ってくれます。

華やかなお着物を粋モダンな雰囲気に仕上げてみました。個性のあるお着物コーデでカッコイイ大人の女性になってみませんか。ご試着して下さる方をお待ちしております(*^^)v

※織楽浅野袋帯「蔓花華文」⇒こちら

江戸小紋をこれほど鮮やかなお色で染めるには、やはり2色づかいが必要なのですが、この2色のチョイスが廣瀬流かと思います。他にない作品です。

※廣瀬作品は、色や素材にこだわって制作して頂いています。お誂え染めはお受けしておりませんので、もしお気に召して下さいましたら、どうぞお早目に染め上がり反物をお求め下さいませ。

さて、いよいよ今夜から表参道にキラキラ✨の夜がやってまいります。毎日、日没5時頃~夜10時まで、幻想的な夜が続きます。週末に向かってお天気も回復しそうですので、どうぞぜひ、素敵な並木道のお散歩にもお出かけ下さいませ。

 

<営業時間>

火・水   午前11:00~午後6:00

木・金・土 午前11:00~午後7:00

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード