秋の夜長も江戸小紋秋の夜長も江戸小紋

2019年10月10日

秋の夜長も江戸小紋

そろそろ着物でお出かけが気持ちの良い季節になるハズ!なのですが、週末は台風襲来とのことで、皆さまここは、じっと我慢でございます。

この台風が無事に過ぎ去ってくれれば、その先には素晴らしい秋晴れが待ってくれているはずです。深まる秋をシミジミ味わえる季節はもうすぐ、そこ。

本日は「お客様おあつらえ写真集」にお洒落なお客様をお迎えいたしております。

シックで上品な江戸小紋「行儀文様」に、友禅の染め帯「華紋」、和のお稽古を嗜まれる素敵なお客様でございます。

どうぞこちらにて、ゆっくりご覧くださいませ⇒「おあつらえ写真集 “お食事会に、江戸小紋”」

実は、明日の夜は「十三夜」なのです。本当は「十三夜に曇りなし」のはずでしたが、季節外れの台風のせいで、きっと明日の晩は、うらめしい雨雲を眺めることになりそうです。

でも、昨夜はこんなに可愛い月が夜空にぽっかり浮かんでいました。

日付が変わっても、街の灯りが次々と消えても、なかなか寝付かれずに、空を仰ぐと、てっぺんにこんな月。

ぼんやりベランダに出て、てっぺんの月をじーーと眺めておりました。

さすがに夜の底は冷え冷えとして、暗闇が深くなり、月は冴え冴えと輝いていました。

ゆくへなく月に心のすみすみて
果てはいかにかならむとすらむ(西行)

眠いのに寝付かれず、夜の風に吹かれていると、なんだか現実と夢の境目がわからなくなってまいります。

そんな時には話し相手はお月様だけ。すると、身体の中から、何ともならぬつまらぬ心だけが脱け出して、行く当てもない夜を彷徨っているような気分になります。

いったいどこに行けるというのか、やむなくまたこの怠惰な身体に戻らねばならぬのに・・・それでも、ちっぽけな「わが心」のつかの間の夜間飛行は、いつか永遠に解き放たれる時が来る日まで、時々こうして続くのです。

何しろ、十三夜には会えない・・・そう思うとちょっぴり切ないですが、それでも台風が通り過ぎた夜には、きっと素晴らしい満月に会えることでしょう。

 

そろそろ、どちら様も暴風雨への備えを始めて下さいませ。

台風の状況によっては、土曜日の営業時間を繰り上げ(または臨時休業)させて頂くかもしれません。お問合せなど、どうぞお早目に(金曜日のうちに)お願いいたします。

 

<営業時間>

火・水   午前11:00~午後6:00

木・金・土 午前11:00~午後7:00

定休日:日曜日・月曜日

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード