菊唐草菊唐草

2020年8月25日

菊唐草

8月最後の一週間でございます。

今年の夏は暑すぎて、出かけることはリスクが多く、夏らしいこと何もなかったわ、なんて方もいらっしゃるかもしれません。それでも、振り返ってみると、何かしら今年だからこその小さな思い出はありませんか?そんなの思い浮かばないワ!って方は、あと少し、ぜひ、ささやかな思い出づくりを楽しまれますように。

お店では、まもなく、秋の新作のお披露目なども始めさせて頂く予定です。

季節の変わり目でございますが、どうぞまたゆっくりお付き合い下さいましたら嬉しいです。

さて、本日は、引き続き江戸小紋文様のご紹介です。

これまで、色々なお色でお染めしてまいりました、人気の文様「菊唐草」です。

「地落ち」という技法の型を用いて染めています。

こちらが型紙(↓↓↓)菊唐草の花びら、唐草の輪郭部分が彫り残され、周りを細かい点々の彫りで埋め尽くしています。

型紙を白生地に置いて防染糊をヘラでつけていくと、穴の開いた点々の部分から生地に糊が置かれます。その後お好みの色で染めると、防染糊の点々の部分には色が染まりません。蒸して色を沈着させ、洗って防染糊を洗い流すと、点々の部分が白く、菊の花びらと唐草には色が入り、柄がふわりとが浮かび上がります。

こちらは、水浅葱色の地色でお染めした、菊唐草です。地色の水浅葱色は白い点々のおかげで、ほんのりとした淡い色調に染まり、花びらがくっきりと地色を残し、浮かび上がる様子がおわかりになるかと思います。

点々で埋め尽くされた中に柄が浮き上がる、地落ち「菊唐草」の文様は、繊細な美しさの引き立つ江戸小紋として、お茶席や各種の式典、もちろん普段のお出かけや観劇にも、季節を問わず、様々なシーンでしなやかにお召し頂けます。

こんなシックな色で染めると、またひと味違う、粋な大人の江戸小紋が仕上がります。

同じ文様でも、お色が違うとまるで異なる文様のようにも感じることができる、一色染めならではの楽しさです。

※「菊唐草」文様、江戸小紋専門サイトでは⇒こちらにてご紹介しています。

当店の江戸小紋は、(一部の反物を除き)お色と柄をご指定頂いてから染めます。

そのため、店内見本にご用意のない色×柄の組み合わせは、反物に染めてしまう前に「お試し染め」(詳細⇒こちら)というサービスをご用意しています。

染めに1か月~2カ月、お仕立てに1か月半ほど頂戴いたしますので、秋風感じたら、どうぞそろそろご相談にお出かけになられませんか?

猛暑の激しさも一日一日落ち着きを感じるような気がします。夏の終わり、どちら様もどうかご自愛下さりお過ごしくださいますように。

今週も、お会いできますのを楽しみにお待ちしております。

 

*営業日・営業時間*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
時間外のご来店は事前予約承ります
お気軽に!

(日・月曜日:定休日)

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン