能登上布能登上布

2020年6月13日

能登上布

6/16(火)~27(土)

真夏の綿麻きもの&伊勢型紙の浴衣展

※ご来店が難しい方にも、ネット販売(クレジットカード決済OK)をご案内いたします。商品のお手元事前確認(お内金お預かりしてお届けするサービスです)も致しております。ブログやサイト内にて気になるお品がございましたら、お値段その他、どうぞ何なりと、お気軽にお問合せ下さい。

 

今日は何をご紹介しようかな、毎朝うんと悩むのですが、今朝この反物を手にしてみたら、シャリシャリの心地よい触感を残して、手から滑り落ちるようなサラサラ感に驚いてしまいました。

「能登上布」です。久しぶりに手にすると、能登上布って、こんなにハリがあってスベスベだったのだ!と改めて感動してしまいました。

今回は2点の能登上布をご紹介いたします。

*反巾が1尺5分ありますので、裄の長い方にも対応可能です。

墨紺色の縞柄「能登上布」

真夏の麻では「ちぢみ」織物が大勢を占めるようになりましたが、シボのない平織りの麻のすっきり感、シャリ感は、格別です。

平織りの麻織物には越後上布がありますが、比べてみるとハリ感とスベスベ感は断然に能登上布が勝ります。期間中は、越後上布も展示販売しておりますので、ぜひ触り比べてみて頂きたいです。

能登は、古くから苧麻(ちょま)の生産地であり、かつては麻の生産量日本一を誇る産地でしたが、現在ではたった一軒の織元さん(山崎仁一さん)だけとなり、大変希少な織物となってしまいました。

縞の太さや間隔に微妙な間があるのが手織りの風合いであります。清々しい透け感を楽しめる墨紺の能登上布は、着るほどに、洗うほどに、こなれたお洒落を楽しむことのできます。

ベージュ色蚊絣「能登上布」

淡い色は陽の光が当たると益々清々しくて涼感たっぷりです。

良く見ると、タテヨコの絣合わせにどことなく誤差があります。大島紬などの精緻な絣柄とはひと味違う。味のある風合いが魅力です。機械制御ではマネのできないこのランダムな絣ずれは、人の手仕事の証でもあります。

コーディネートには「越後上布」の八寸帯「雪輪」をあわせてみました。

手積みの苧麻糸をイザリ手織で織り上げる「越後上布」は、国の重要無形文化財に指定されています。

帯に用いる糸は、着物よりもザックリとした太目の糸で、自然布の風合いをたっぷり楽しめる素材感があります。ほのぼのとした織り上がりには、人の手の温もりがジンワリと伝わります。

透け感たっぷりの能登上布に、豊かな自然を織り込んだ越後上布の八寸帯。日本の夏だからこそ、味わい深いコーディネートでございます。

雨の季節となりましたが、来週の前半は晴れ間の見える真夏日となりそうです。もうすでに、麻でも良いのではないか?なんて思ってしまいますが、梅雨明けまでにぜひ!今年の夏を快適に過ごすためのアイテムをお手元に(*^^*)

夏は少し安心して過ごせると良いなと思います。

週明けには、お久しぶりにお会いできますのを楽しみにしております。

お問合せもどうぞお気軽にお待ちしております。

*6/13(土)より通常営業*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
(時間外のご来店は事前予約承ります)

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード