白鷹綾織白鷹綾織

2021年12月8日

白鷹綾織

雨が降りしきる一日でございました。でもでも、こんな日にもかかわらず、親しくお出かけ下さっていたお客様が、コロナ以降久しぶりに訪ねて下さいました。おかげで、お外の雨なんて気にすることなく、ぬくぬく床暖房のきいた店内で、の~んびり積もる話に花が咲き、楽しい時間を頂戴いたしました。どんな時でも、お店番をしていて良かったな!とシミジミいたします。ありがとうございます。

さて、お店では、12/11(土)~25(土)まで、クリスマスセールを予定しております。

期間中は、サイト内の商品ページ掲載のお品はもちろん掲載のないセールなお品も盛りだくさんにご紹介予定でございます。今年の冬は、特に(普段はセールラインナップにはない)織物の着尺たちのセールもございます。ので、今日はその中から、ちょっぴり早いですが、こんなお品もセール予定です!のご紹介をしようかな。

「白鷹綾織」の着尺です。タテ糸ヨコ糸とも、植物を主原料とした染料で染めた、良質の生糸を用い、高機により手織りをされた織物です。

山形県西置賜群白鷹町にて制作されています。白鷹は米沢・長井とならび「置賜紬」と呼ばれ、古くから織物が盛んな地域でしたが、現在では、ほぼ2軒の機やさんのみとなりました。白鷹綾織は、その2軒のうちの1軒「白たか織」工房さんにて、全工程をほぼ手作業にて、こつこつ丁寧に作られている織物です。

サイト内の商品一覧ページでは、「白鷹綾織」の中でも、大変にレアな「風通くずし」という技術を駆使した作品をご紹介しております。

※風通くずしの白鷹綾織⇒白鷹綾織着尺 

今回ご紹介いたしますのは、ログウッドと梅を用いて、深みのある心地よい色合いのタテ縞柄に織り上げた作品です。

白鷹綾織は、生糸を綾織で織ることにより、やわらかなハリ感、艶めく光沢感を感じさせてくれて、丈夫な織物なのに、ドレス感も感じさせてくれる、お洒落が楽しくなる着尺です。

まずは、触ってみて頂くと、この心地よさがきっと分かって頂けるかな、と思います。

(風通くずしの作品よりも、グッと身近なお値段でご案内予定です。お問合せください)

コーディネートには、刺繍の名古屋帯をあわせてみました。

粋な感じのタテ縞柄にも、愛らしい帯がのると、ふわっとお花が咲いたみたいに気持ちが明るくなりそうです。固いきものに柔らかい帯もいい感じだな、と思いますが、いかがでしょうか。

※帯も12/11よりセール対象予定です。商品ページ⇒刺繍名古屋帯「華紋」

身近な紅葉は今が燃える盛りではありますが、冬は街じゅうを包み込み、赤い葉っぱはあっという間に落ち葉になって、冬の懐へと抱かれていってしまうようで、なんだか寂しい。でもでも、明日は雨も上がり、冬晴れの空が広がることと思います。

セールなお品のお下見や、おしゃべりや、どうぞお気楽にお立ち寄りくださいませ。店内ほっこり温めて、お会いできますのを楽しみにお待ちしております。

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

時間外ご予約承ります

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Twitterタイムライン