松皮菱に蛍松皮菱に蛍

2018年5月9日

松皮菱に蛍

今朝は土砂降り☔でした。随分と肌寒い一日でしたが皆さまのお住まいのところではいかがでしたでしょう?お天気予報を見ると週末に向けてグングンとまた気温があがりそうです。なんだか不思議なお天気ですが、5月ともなりますと少々汗ばむぐらいがちょうど良い、ですね(*^^*)

さて、お店では夏の装いが色々と入荷をしてきております。もう何からご紹介すれば良いのやら迷ってしまうのですが・・・

本日はまずこちらのコーディネートをご紹介してみようと思います。

廣瀬雄一作江戸小紋「笹に松皮菱」
すくい織八寸帯「蛍」

お着物は珍しい柄の江戸小紋、松皮菱です。この型紙は廣瀬氏が伊勢型紙の彫り師さんに新たに彫って頂いたもの。何型かをあわせて染めたように見えるかもしれませんが「一枚型」です。細やかなタテ縞に浮かび上がる松皮菱と笹のシルエット、陰影のある素敵なデザインです。

天の川という生地に染めています。天の川は6月汗ばむ季節からお召しになる方も多く、盛夏の絽目のはっきりした素材と違い真夏日の単衣にも最適です。もちろん盛夏もお召し頂けますので、少し得した気分になれるところも魅力です。

※お着物商品ページ⇒こちら(お値段はお気軽にお問合せ下さい)

あわせた帯、こちらも今年の新入荷です。

「すくい織り」は、綴れ織りに似た技法で、舟形の杼に緯糸を通して経糸をすくいながら下絵の模様に織っていきます。表側と裏側が同じ模様になり、模様を織り出す色糸が裏側で生地をわたることがありません。なので透け感たっぷりの夏の帯にも、浮き上がるように素敵な蛍がとても素敵です。

5月も下旬になるとそろそろ今年の蛍が光始める季節でございます。単衣の薄物の季節から真夏の間、可愛い蛍が行く手を照らしてくれるでしょう(*^^*)

透けるようなシルバーの地色もコーディネートしやすくて、帯芯を入れない八寸帯は汗ばむ季節を涼やかにお過ごし頂けます。

来週の5/15(火)~19(土)は『夏と単衣のコーディネート会』を開催いたします。今年の夏はどうしましょう?どうぞぜひお気軽にご予定下さいましたら嬉しいです。

 

本日は「おあつらえ写真集」に素敵なお客様をお迎えしております。

お召しのお着物は、江戸小紋の新柄「よろけ木賊」です。

とっても素敵な着姿とお着物通なコーディネート⇒ぜひこちらにて

寒かったり暑かったり、寒暖差の激しい日が続いています。5月は気温があがる日はもう単衣よね、肌寒くなるとやっぱり袷の季節だよね、なんだか悩ましいことでございますが、どうぞご無理をなさらず体温調節をなさいますように。

お店では新入荷の夏の装いのご案内を始めております。お時間がありましたら、どうぞまたお気楽に遊びにいらして下さいませ。お待ちしております(*^^*)

▼▽▼重要▼▽▼

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード