“東京手描き友禅”作家作品“東京手描き友禅”作家作品

2017年10月11日

“東京手描き友禅”作家作品

ただ今店内では、「東京手描き友禅」の作家さんたちの作品(染め名古屋帯)もご案内しております。今週の土曜日までのご紹介となりますので、ご来店が難しいかな?の方にもぜひ、ひと目ご覧頂きたくて、本日はその一部をご紹介いたします!

作家さんそれぞれの持ち味がある作品たち、皆さまはどの作品がお好きですか?ご自分の好きを探してみるのも楽しいです。

ということで、では早速。

※各作品のお値段はどうぞお気軽にお問合せ下さい

 

 

【阿部信行「記念の日に」】

阿部先生は画家でもいらっしゃいます。こちらの作品でもそうですが、ろうけつ染めのデザインに長けた熟練の作家さん、繊細で細やかなタッチがとても素敵です。記念日には赤いバラを送りましょう!

 

【佐藤洋宣「月に誘われて」】

佐藤先生の作品はロマンティックな物語を描かれます。とてもやさしいメルヘンの世界には、思わず胸がキュンとなります。今宵の月は富士山と乾杯!どんな話をするのでしょう?きっと素敵な夜になりますね。

 

【岩間奨「しらかば」】

岩間先生は大胆で繊細、指先の糸目糊が描き出す表情豊かな世界はまるで魔法のようです。今回は白樺並木、お太鼓と前帯に白樺、無地部分はモスグリーンという色彩の美しさにも驚かされます。

 

【染谷洋「バイオリン」】

芸大で日本画を学ばれたという染谷先生の絵は、とてもち密で美しく、そしてモダン。音楽会のご予定はありませんか?こんな帯で出かければ、きっと楽しく心の踊る時間となるでしょう。帯からも素敵なメロディーが聞こえてきそうです。

 

【町田久美子「冬支度」】

町田先生は、新進気鋭の上流作家さん。女性好みのモチーフはさすがに可愛いものばかり。華やぎの季節に実り豊かなリースはいかがでしょう?手作り感のあるほっこりリースに癒されます。そろそろ冬仕度はじめなきゃ!

 

【田邊慶子「オリエンタル」】

当店でもファンの多い田邊先生はベテランの女流作家さんです。ハッとするような色遣いにはいつもドキドキワクワク♪目も覚めるターコイズグリーンにオリエンタルな更紗柄がたっぷりと描かれています。華やぎの季節の装いをうんと若々しくハッピーにしてくれます。

 

 

友禅の作品には、企画から制作まで全ての工程を一人で行う「作家」作品と、それぞれに工程ごとに熟練職人さんが分業で行い総合的に取りまとめる「染匠」作品があります。

分業で制作される作品は、大変にクォリティの高い作品が多く、あらゆる技法を駆使した多様な作品が次々と生み出される、とてつもないワクワク感が魅力的であります。

一方、作家作品は、デザインから糸目糊置き、友禅までの全てにおいてオリジナリティー満載です。このデザインだからこの糸目、だからこの色彩、仕上がった作品には、一人の作家さんの個性がギュギュっと凝縮されます。なので、一度「好き」な作品に出会ってしまうととても離れがたいものでございます。そんな作品を身にまとう醍醐味はお着物ならではですね。

こちらでご紹介できるのは一部の作品になりますが、もしお時間がありましたら、どうぞ遊びにいらして下さいませ。

画像ではわからない、手描きの風合いを間近で感じると、なんとも言えず心が和らぎます。お着物を着る人で良かった!そんな楽しい気分に浸ってみませんか?

作品のご紹介は今週の土曜日までです

お時間がありましたら、ぜひお目にかかれますのを楽しみにいたしております。

※ご遠方の方、お忙しくてご来店が難しい方には、どうぞお値段や詳細など、お気軽にお問合せ下さいませ。

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitterタイムライン

Instagramフィード