木の葉を集める風のこと木の葉を集める風のこと

2019年9月24日

木の葉を集める風のこと

台風が去ってから蒸し暑くてなりませんが、それももう、後わずかのこと。きっともうすぐ風が、本格的な秋を連れてきてくれるハズですね。いかがお過ごしでしょうか?

お店では、来週(10/1火~10/5土)は「秋の友禅染め帯展」を予定しています。先駆けて、青山のギャラリーにて東京友禅作家展も開催されています。(詳細⇒こちら

秋になると、友禅の染め帯が気持ちよくなります。

「深まる」と表現するのは「秋」だけ。なのでより一層、季節の風情が心に深くしみこむ季節なのかもしれません。深まる秋を描いた友禅は、じんわりと心豊かに満たしてくれるような気がします。

今週いっぱいは秋の新作を「お仕立て無料」でご案内しています。本日も、こんな素敵な友禅の帯をご紹介しようと思います。

友禅染め帯「吹き寄せ」

「吹き寄せ」と聞くと、色とりどりの宝石箱のような干菓子を思い浮べますね。口に入れるのがもったいないぐらい、たまに身近にあると気持ちがキュンといたします。

着物や帯に描かれる「吹き寄せ」も、同じように愛らしく、季節の葉っぱやお花が描かれます。

「吹き寄せ」とは、そもそも、そよ吹く「風」を描いた文様です。風が吹きよせた木の葉たちを描くことで、目には見えない風を描いているのです。

吹く風は秋の風。紅葉や銀杏の葉っぱ、松葉や木の葉たち、そして早咲きの梅の花が風に舞い、カサコソと吹き寄せられた様子を描いています。

秋のさ中から晩秋、そして初冬まで、やわらかな風をまとう上品で愛らしい帯です。

吹き寄せられた木の葉を見て、秋の風を感じられる、そんな風流な人でありたいですね。

吹く風の色のちぐさに見えつるは
秋のこの葉の散ればなりけり
(よみ人知らず)

和の心を描く素敵な文様は、しなやかな友禅にこそふさわしい文様です。

グレー地の江戸小紋にも、優しくふんわり、良く似合います。お食事会やお茶会、観劇や秋の楽しいお出かけに、うつりゆく季節の風に気持ちをのせて、さりげなく装う大人の嗜みが素敵です。

※友禅染め名古屋帯「吹き寄せ」詳細⇒こちら

草木が彩られる頃まではもうひと息。蒸し暑くなったり肌寒かったりの時期でございます。彩りの季節を清々しくお迎え頂くために、どうぞご体調管理にご注意下さり、楽しみにお過ごし下さいますように。

 

◆お店では秋の新作おひろめ展をいたしております(9/28まで)。期間中は着物と帯のお仕立て代無料サービス!(オーダー染めやお取り寄せ品除く)で承ります。商品ページでご紹介の商品および店内でご案内中のお品全て対象です!消費税改定前のかけこみフェア~♪な感じで、どうぞ秋の装いあれこれ、お気軽にご相談下さいませ。

<営業時間>

火・水   午前11:00~午後6:00

木・金・土 午前11:00~午後7:00

定休日:日曜日・月曜日

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード