定番大島&お楽しみ大島定番大島&お楽しみ大島

2018年2月23日

定番大島&お楽しみ大島

魅惑の大島紬展!2/24(土)までとなりました。

紬織物を常時多くは取り揃えていない当店ではございますが、今回はスペシャル企画!大島の紬屋さんに全面協力頂き、逸品~気軽な街着大島まで、たくさんの本場大島紬を取り揃えてご案内をしております。次の機会?それはいつのことになるやらわかりませんので(^^;もし土曜日お時間がありましたら、ぜひお出かけになられませんでしょうか?

ブログで盛り沢山にご紹介をしてまいりましたが、明日にはご来店が難しいけど気になる・・そんなお品がございましたら、大島さんも、コーディネートの帯たちも、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ(^^)/

さて、本日は、とてもユニークで心ときめくこんなデザインからご紹介をしてみようかなと思います。

泥染め大島 これ何柄(^^?

これは・・・実は、奄美大島で多く飼育されている豚(トン)ちゃんのご飯箱を模したもの(^^; 生活に根差した暮らしの道具をユニークなデザインに採り入れる知恵がとても素敵です。個人的にはハーモニカ?なんて思ったりしましたが、トンちゃんのご飯箱だったなんて!思わず肩の力が抜けて、ほにょりとしてしまいますネ(^^;

よく見ると、横段に泥の色の濃淡があり、トンちゃんご飯箱と幾何学模様が可愛らしく配置されているのも、なんか嬉しいです。ご覧になられてもきっと誰もトンちゃんのことを思い浮かべたりしないと思いますが、食べることに事欠かない不思議な縁起物でもありますね(^_-)-☆

カジュアルな無地系の帯を合わせると可愛いお出かけコーデが仕上がります!

泥大島 角絣 濃淡市松

遠目にみると泥染めの色に濃淡があるように見えますが、それは、□四角の色の大きさと濃淡による目の錯覚です。なんだかおしゃれなワンピースやドレスのようなモダンな印象や質感を感じさせてくれるのも、デザインの成せる技(*^-^*) 一言に大島といっても絣デザインの妙!奥が深いです。

コーディネートには「大文字屋庄兵衛」謹製袋帯「抱一さざ波文」をあわせてみました。この帯は色々とコーディネートを試してみましたが大島紬にもあれこれとても良く似合います。

※帯の詳細は⇒こちらです

そして、ワードローブに大島さんあれこれあります!という方も、はじめて大島紬をあつらえます!という方にも、定番中の定番。何しろコーディネートがとても幅広く楽しめるのは、蚊絣のシンプルな大島紬です。

泥藍大島 蚊絣(7マルキ片ス)

一元(ひともと)絣・片ス(かたす)絣、そしてマルキについてのご説明は先日のブログにて⇒こちらです。

これは、7マルキの片ス絣。なので、絣はタテ糸一本、ヨコ糸2本のT字型です。「一元」の風車型の絣と違い、どことなく繊細で細やかな印象を受けます。

泥×藍色のコントラストが魅力的で、大島らしい艶のある頑丈なお着物です。お稽古やお出かけ、お着物を着る機会の多い方には、きっとうんと出番も多いお着物になることと思います。

白大島 蚊絣(一元絣5マルキ)

「一元絣」とは、タテ糸2本ヨコ糸2本で風車のような井型の絣模様です。本来の絣はこの「一元絣」なのですが、職人さんの高齢化や後継者不足に伴い、絣の難易度の高い「一元絣」がとても希少となってきました。多くの作品が「片ス絣」になっています。

昨今では、織物の絣をタテ糸2本の一元で構成しているのは、もう大島紬ぐらいとなっているのだそうです。大島ではごく少量ではありますが現在でも「一元絣」がつくられています。こうして伝統的な技術の継承が日に日に難しくなる状況はとても寂しいことでございますが、今ならまだある!語り継ぐことのできる作品を今のうちに着こなしておきたいものでございますね(>_<)

コーディネートは、友禅染め名古屋帯ウィリアムモリスデザイン「洋唐葉文」⇒詳細こちら

シンプルな蚊絣の大島紬にはバリエーション豊かな帯がコーディネートできます。あれこれ悩むことなくお好みの帯をあわせることができるのも魅力です。

ということで、『魅惑の大島紬展』いよいよ明日(2/24)土曜日までとなりました。

明日の土曜日はまた気温が上がり、ほっこりとした春の日差しの心地良い週末となりそうです。

2月最後の週末ですね!お散歩がてらに、お時間がありましたらどうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。お目にかかれますのを楽しみにいたしております(^_-)-☆

 

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitterタイムライン

Instagramフィード