夏~ひとえの友禅染め帯(期間限定)②夏~ひとえの友禅染め帯(期間限定)②

2021年6月23日

夏~ひとえの友禅染め帯(期間限定)②

本日も、6/26(土)まで、期間限定ご紹介の夏~ひとえの友禅染め帯のご紹介です。今日の作品は、悠久の浪漫をのせて、文化と賑わいを運ぶ「南蛮船」❣

お値段など、どうぞお気軽にお問合せ下さいますように!

絽塩瀬染め帯「南蛮船」

夏も単衣も(5月下旬~9月末まで)お召し頂ける、染め名古屋帯、落ち着いた焦げ茶色の地色、さらりとした絽の素材です。

「南蛮船」とは、戦国時代~江戸時代まで、ポルトガルやスペインから長崎へとやってきた貿易船、鉄砲~カステラまで運んできた船のこと。南蛮貿易は江戸時代の鎖国によって閉じられてしまいましたが、交流華やかなりし頃の賑わいがしのばれる、活気のある船内の様子が、丁寧に、繊細に描かれています。

よく見ると、乗組員一人一人の動作から、表情や声まで伺えるみたいで、とても楽しい心躍るデザインです。

◆夏のコーディネート、秦荘上布(手織り近江ちぢみ)にあわせてみました。

なんだか、とってもワクワクするコーディネートになりました。

近江ちぢみは、麻のちぢみ織物です。なので真夏のお着物ですが、暑さが残る9月はじめまで!どことなく秋を感じるコーディネートです。

◆ひとえのコーディネート、白鷹お召にあわせてみました!

9月の中旬を過ぎた頃には、白鷹お召が心地よく感じるかもしれません。

細かい百亀甲柄は遠目には無地にも見えて、上品で楽しい初秋のコーディネートです。

※白鷹お召し商品ページ⇒白鷹お召し「百亀甲絣」 | 表参道 染一会 (someichie.com)

大海を進む船には、いつでも、果てしない浪漫を感じてしまいます。

長い航海の末にはじめて日本に辿り着いた時には、どんなに興奮したでしょう?はじめて南蛮人に会った日本人は、どんなに驚いたのでしょう?まだまだ、海がどこまでも広がっていると思われていた時代が、なんだか羨ましくなります。

単衣にも活躍できる、ロマンあふれる帯です。(6/29までの期間限定)

お問合せは、どうぞお気軽にお願いいたします!

***

*営業時間*

午前11時~午後6時

(定休日:日曜日・月曜日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Twitterタイムライン