伊勢型紙そのもの販売します伊勢型紙そのもの販売します

2018年6月23日

伊勢型紙そのもの販売します

今日は、私のふるさと三重県から、伊勢型紙がドサッとやってまいりました!

伊勢型紙は着物を染める型紙のことです。その歴史はとても古く一千年前からともいわれていますが、着物を染める型紙として必要不可欠なものとなったのは江戸時代から。当店の江戸小紋は、この伊勢型紙を用いて職人さんが手付けで染めています。

しかしでも・・・昨今では、伊勢型紙で染める伝統的な染めのお着物が激減してしまいました。

そのため産地にはもう山のように、本当に山のように、素晴らしい作品が眠っています。それはそれは貴重な宝の山なのです。

でも、しかし、出番がない(-_-;)それではあまりに勿体ないではありませんか!?

ということで、突然ですが当店では、『伊勢型紙』そのものの販売もさせて頂くことにいたします。(お値段はお気軽にお尋ね下さいませ)

えっ?でもそれどう使うの?自分じゃ染められないし・・・(>_<) 

そこで、そんな皆さまへのご提案です。

【ご提案①】額に入れたりライトアップして飾る

ご来店下さった方はご記憶にあるかと思いますが、店内には壁面にライトアップしたり、額装したりして随所に型紙を展示しています。素敵な絵画の代わりに型紙はいかがでしょうか?温もりを感じる素敵なインテリアになりますよ!そういえばお家を新築されたお客様が建築士さんのアドバイスで玄関の吹き抜けスペースに型紙を何枚も使われたこともありました。工夫次第でとても素敵な空間を作ることができる伊勢型紙(*^^*) 実は私も自宅のインテリアに飾っています。帰るとホッと落ち着きます。

【ご提案②】オーダー染め承ります。

今回やってきた伊勢型紙は60枚。どれも江戸小紋よりも大柄であまり目にすることのないデザインです。ご希望の方には、着物にお染めすることも承ります。その場合、お値段はその都度お見積りをさせて頂きます。さらにはその「型紙そのもの」もお客様にお求め頂くことになりますが、ご自分だけの一点もの!お着物の柄の型紙もお家のインテリアにして頂けます。

何枚か型紙を撮影してみました。もしお着物に染めた場合、この柿渋色の型紙の部分にお好みの色が入ります。ちょっと今まで見たことのない柄ばかりですので、どうぞズラリとご覧くださいませ(#^.^#)

いかがでしょうか?

実はまだあと50枚もあります💦とてもとても全てのご紹介はできませんが、店内ではゆっくりとご覧頂くことができます。型紙そのものは大変に繊細な工芸品であります。そういえば以前のテレビ番組で伊勢型紙を扱われた際に、あの林先生がとても興味を持たれたとのことで、当店で型紙を取り寄せて販売させて頂いたこともありました。

これから先の未来には無くなってしまう伝統工芸かもしれないのですが、今ならまだ実物をご覧頂けます。実際にご覧になられますとちょっとため息ものでございますよ!

今後しばらくは(期限未定)当店でご案内しております(*^^*)

※お願い:申し訳ないことですが・・・
ネット販売や配送はお請けできませんのでご来店のみでお願いします。一般のお客様のみへの販売とさせて頂きます(染屋さんなどの業者様は不可)。お貸出しも不可です。m(__)m

 

今日はシトシト雨の土曜日になりました。土曜日はお久しぶりの方やご遠方の方、休日のお出かけついでの方、平日とは違う華やいだ一日になります。皆さま雨の中を誠にありがとうございました。

明日にはこの雨は上がるのかな?どうぞ素敵な週末をお過ごし下さいませ。来週は少し気温が上がりそうでございます。6月最終日!いよいよ夏着物の出番でございますね!

日曜日、月曜日は定休日を頂戴いたしますが、お休み明けにはまた元気にお目にかかれますのを楽しみにしております。

 

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード