「夏大島」に「羅」八寸帯「夏大島」に「羅」八寸帯

2020年6月24日

「夏大島」に「羅」八寸帯

お昼間は晴れ間が見えてホッとしますが、太陽が照るとジリジリ熱さを感じます。お天気不安定な雨の季節の真ん中です。お元気でお過ごしでしょうか?

蒸し暑くなると、シャリッとした触感を求めてしまいます。本日は、そのシャリっとしたハリ感と、いかにも涼やかな透け感がたまらない、夏大島をご紹介しようと思います。

夏大島は、真夏の着物の中でも、丈夫で雨にも強く、やわらかな夏の絹織物とは表情がガラリと違う、粋で上品な独自の世界を涼やかにまとうことができるお着物です。

「真夏の綿麻きもの&伊勢型紙の浴衣展(~6/27まで)」期間中ご案内しております。

シンプル夏大島

大島といえば精緻な絣が特徴のお着物ですが、本日ご紹介する「夏大島」は、ストライプや格子柄のシンプルで飽きの来ない、リーズナブルな価格(反物価格127,600円税込)でご案内できる夏大島です。反物巾は1尺7分ありますので、裄の長い方にも安心です。

タテ糸ヨコ糸ともに強撚糸を用いることで「シャリ感」を、細い糸を粗い組織で織ることで風通しのよい「透け感」を出した、上品でシンプルな夏大島です。

実はこれ、シースルーな夏羽織にもおすすめです。

墨色「格子」

濃い色では、さらに透け感がよくわかり、涼やかさが一層に増すようです。

本日は、羅の八寸帯で、これ以上ないほどの、涼感を追求してみました。

カジュアルシーンでありながら、上品な色気と粋なカッコよさを併せ持つ、充実感あふれるコーディネートです。

※「羅八寸帯」商品ページ⇒こちら

グレー「格子」と「ストライプ」

見た目の涼しさは淡い色の方が勝っているかな。粋なストライプと可愛らしい格子柄です。

こちらも、本羅の八寸帯をあわせてみました。珍しいお色「納戸色」がお洒落です。

センスの良いカジュアルコーデはお洋服感覚でもお楽しみ頂けます。

※納戸色「本羅八寸帯」⇒こちら

大島好きの方、夏の大島はいかがでしょうか?お召しになると体からフワッと浮く感じがして、風がすぅ~と通り抜けます。カッコよい粋さと、ほっこりとした癒され感、どちらも味わって頂ける、夏の大島は、真夏ならではの味わい深いお着物です。シンプルなデザインだからこそ長くご愛用頂けます。

 

※江戸小紋職人さんが染めた「浴衣」「小千谷ちぢみ」「絹紅梅」は明日(6/25)までのご案内になります。気になるな~と思われましたら、どうぞお早目にご来店または、メールやお電話にてお問合せ下さいませ。

◆絹紅梅⇒こちらクリック

◆小千谷ちぢみ⇒こちらクリック

◆ゆかた(↓↓↓)

*通常営業しております*

火曜日~土曜日
11:00~
(当面)18:00閉店
(ご予約不要です)
(時間外のご来店は事前予約承ります)

(日・月曜日:定休日)

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード