「織楽浅野帯展」3/24(土)まで「織楽浅野帯展」3/24(土)まで

2018年3月23日

「織楽浅野帯展」3/24(土)まで

さて連日ご紹介してまいりました「織楽浅野帯展」は、3/24(土)までとなりました。今回は冷たい雨や雪に見舞われてお出かけしそびれてしまいました!なんて方もいらして申し訳ないのでございますが、明日の土曜日はお天気良好でございます。どうぞぜひ思い残されませぬよう、ご来店やお問合せ、お気軽にお待ち申し上げております。

今週いっぱい~3/24(土)まで

織楽浅野 shokuraku asano 帯展

今日は、お客様の帯をお選びしていてわかったことなのですが・・・実はこうして毎日ブログに色々とご案内をしておりますが、私一人で帯や着物と向き合うよりも、お客様と一緒にお話しながら帯や着物を見つめると、一人で見るよりも断然その魅力がうわぁ~と高まってきたりします。

本日ご紹介するこちらの帯も、今日のお客様がいらして下さらなかったら、撮影しそびれており、この子に申し訳ないことになりそうでした(^^; 最後に間に合ってよかったです。ありがとうございます(*^^*)

江戸小紋「逆鮫」
織楽浅野名古屋帯「蔓花文」

深みのある濃いこげ茶色の地に、シックな蔓花の文様が織り出された名古屋帯です。利休色の葉っぱや蔓や、あわい橙色のお花、何よりこの淡い緑味かかった水色の瓶覗き(かめのぞき)色の果実が清々しくて、古典調ありながら現代の装いに自然に馴染む色使いがなるほど織楽浅野さんです。

淡いグレーやブルー系、爽やかなグリーン系のお着物にはとてもクールなコーディネートが仕上がります。また、ベージュ系などの温かみのあるお色にも、ほっこりとした組み合わせが素敵です。淡い色だらけになりがちの単衣の季節にも!縁起の良い蔓(つる)系の文様は、季節を問わずお召し頂けます。

 

織楽浅野展、土曜日まででございますが、そろそろ単衣のことも考え始める季節がやってまいりました。今回の最後に、こんなコーディネートはいかがでしょうか?単衣~夏の装いです。

友禅染め(夏ひとえ)付下げ「夕顔」
織楽浅野(夏ひとえ)名古屋帯「細波文」

シャリシャリとした単衣の素材に友禅染め。紫味のあるグレー「霞色」の濃淡がしっとりとした大人の女性を思わせてくれます。上品でとてもしなやかな色彩です。シックな色合いですが、華やかな夕顔の花と蔓が美しく描かれて、とても上品で華のある付下げです。夕顔は朝顔と違い実を結ぶ花でもあります。何か良いことがありそうな、そんな予感もいたします。

織楽浅野(夏ひとえ)の名古屋帯です。パッと見た目はわかりませんが透け感のある織上がりです。お着物が単衣に変わる頃から夏~秋口までお召し頂けます。不思議な凹凸を感じるさざ波のデザインが素敵な帯です。

桜が咲くと、あっという間に単衣のことをご相談する季節になります。季節をちょっぴり先取りして風情豊かな日本の四季をお楽しみ頂けますように。

織楽浅野帯展、3/24(土)まででございます。

週末、桜の様子はどうでしょう?東京では週末に一気に見頃となるのでしょうか?あれもこれも、そして桜も、ソワソワ気になる週末となりそうですね(^^; どうぞ皆さま、お花見がてらお出かけになられませんでしょうか?どうぞぜひ、お目にかかれますのを楽しみにお待ち申し上げております。

 

▼▽▼重要▼▽▼

2018年5月より セキュリティ強化のため、一部のブラウザでは設定変更が必要となります。簡単な設定確認です。ほんの数分どうかご確認下さい▶詳細こちらクリック

★特にWindowsパソコンの方はInternet Explorerで設定変更がないとサイトが表示できなくなります。どうかご確認とご対応をお願いします。Internet Explorerのバージョン確認と設定変更方法はこちらクリックでご案内しています。

お問い合わせはこちら

検索

つれづれ日記「恋衣」について

つれづれ日記「恋衣」
について

店主ブログでございます。
お店でご紹介しているお品や楽しい催事のことはもちろん、お着物周りのお話から、日々思うことや趣味のお話まで、徒然なるままに綴っております。
“恋衣(こいごろも)”とは忘れられない恋のこと。気になるお品やお話などがありましたらどうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

旧ブログ
「店主のつれづれ日記」はこちら

お問い合わせはこちら

カテゴリー

おあつらえバナー

以前の記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitterタイムライン

Instagramフィード