夏紬に絞り染め名古屋帯「花重ね」夏紬に絞り染め名古屋帯「花重ね」

夏紬に絞り染め名古屋帯「花重ね」

森健持氏による「辻が花」染めの作品です。

「辻が花」は室町時代から江戸初期にかけてその技法を高度化させて、複雑な縫い締め絞り・竹皮絞りなどの高度な技法が使用され、多色染め分けによる高度な染物を創り出してきました。しかし江戸中期に糊で防染する友禅染めの技法が普及するとともに急速に衰退したとされています。

森氏は先人の技法を尊重し、現代にそう「辻が花」の制作に取り組み、辻が花の真髄であるおおらかで創造性豊かな絞り文様染めを目指し活躍中の作家さんです。

藍色のふくよかな色合いが優しく心に寄り添う「花重ね」の文様は、16世紀の辻が花小袖の文様をアレンジしたものです。

単衣~夏の季節、藍色は色々なお着物になじみやすいお色ですので、幅広く出番の多い帯になりそうです。

前帯です。真ん中から上下半分が前帯になります。

表示価格には、お仕立て代・ガード加工代が含まれておりません。

ご希望の方はどうぞお気軽にお問合せ・お申しつけください。

obi_sn_hanakasane
※画像クリックで拡大
商品名 夏紬に絞り染め名古屋帯「花重ね」
【obi_sn_hanakasane】
価格 216,000円(税込)
販売個数
●お支払い方法は「クレジットカード」「銀行振込(前払い)」「代金引換(30万円まで)」をご用意しています。ご都合のよろしい方法をお選び下さい。
●「カートに入れる」ボタンのないお品(価格表示のないお品)でもウェブでのお買い物がを頂けるようにご案内いたします。お問合せください。
●お仕立て加工が必要な商品については、お仕立て前の事前確認(一旦お手元にお届けするサービス)が可能です。お問合せください。

お問い合わせはこちら

タグクラウド

商品のお買い物について

商品のお買い物について

ウェブサイト掲載の商品はネットでのお買い物をして頂くことができます。随時商品掲載を増やしてまいりますので、どうぞお楽しみくださいませ。
また、ブログなどでご覧になったことがあるのに、こちらのサイトに掲載のない商品など、気になるお品がございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ

お問い合わせはこちら