江戸小紋 万筋(二つ割)憲法色江戸小紋 万筋(二つ割)憲法色

江戸小紋 万筋(二つ割)憲法色

 

江戸小紋「万筋」、清々しい縞文様は、江戸小紋を代表する文様です。
クールな黒褐色の憲法色の地色に、目色にグレーを入れることで、よりシックで粋な仕上がりとなっています。 

細かい万筋(二つ割)の縞文様は年齢にかかわらず、シンプルにさりげなく、気品のある着こなしを楽しんで頂けます。
帯次第で、とても多様な表情をつくることができる「魔法の逸品」、ぜひお召しになってくださいませ。
 

【江戸小紋の「縞」文様について】

江戸時代以前は「筋(すじ)」というと横縞がほとんどでしたが、江戸中期ごろから縦縞が流行し、武士にも縦縞が許されるようになり、文化文政の時代には縦縞こそ「いき」の象徴とされました。
なぜ、横縞より縦縞が粋なのかについて、『粋の構造』を書かれた九鬼周造氏によると、両目の位置が左右水平に並んでいるので縦縞の方がすんなり目に入ることができて、
さらに重力に逆らうことなく落ちる縦縞は「小雨」や「柳」」のようなしなやかさがあるからだそうです。
なるほど、“しなやかでありながら張りのある強さを持つ”まさに縦縞こそ「粋」と言われるのもわかるような気がします。

こちらの縞は一寸幅(約3.8㎝)に23本の縞が染められているとても細かい縞文様です。
縞を染める型紙はとても高度な技術を必要とします。

染める際に縞がずれたり壊れたりしないように、あらかじめ型地紙を2枚にはがし重ねて彫ってから、その間に絹糸を張りずれないように柿渋で張り合わせることが必要になります。
現在ではこの「糸入れ」ができる人が殆どいなくなり、このような細かい縞柄は大変大変貴重な型紙になっています。
 
ところで、『粋の構造』を著した九鬼氏によると、「一般に顔のよそおいに関しては、薄化粧が「いき」の表現と考えられる」のだそうです。頑張りすぎないで、さらりと自然な着こなしこそ「粋」の信条のようです。いかがでしょうか?「ケセラセラ」ならぬ「粋(き)さらさら」で行ってみませんか?

 

 

 

 

下記の金額に「お仕立て代」「裏地代」「ガード加工代」は含まれておりません

お仕立てやガード加工をご希望の方はどうぞお気軽にお申しつけ下さいませ。

 

edokomon_mansuji
※画像クリックで拡大
商品名 江戸小紋 万筋(二つ割)憲法色
【edokomon_mansuji】
価格 486,000円(税込)
販売個数
●お支払い方法は「クレジットカード」「銀行振込(前払い)」「代金引換(30万円まで)」をご用意しています。ご都合のよろしい方法をお選び下さい。
●「カートに入れる」ボタンのないお品(価格表示のないお品)でもウェブでのお買い物がを頂けるようにご案内いたします。お問合せください。
●お仕立て加工が必要な商品については、お仕立て前の事前確認(一旦お手元にお届けするサービス)が可能です。お問合せください。

お問い合わせはこちら

タグクラウド

商品のお買い物について

商品のお買い物について

ウェブサイト掲載の商品はネットでのお買い物をして頂くことができます。随時商品掲載を増やしてまいりますので、どうぞお楽しみくださいませ。
また、ブログなどでご覧になったことがあるのに、こちらのサイトに掲載のない商品など、気になるお品がございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ

お問い合わせはこちら