単衣のご提案(江戸小紋「万筋」×すくい織袋帯)単衣のご提案(江戸小紋「万筋」×すくい織袋帯)

2019年4月24日

単衣のご提案(江戸小紋「万筋」×すくい織袋帯)

江戸小紋「万筋」を単衣の季節にコーディネートしてみました。

単衣の季節の帯は悩みどころでありますが、6月に入り単衣のお着物をお召しになる時期には、やわらかく透け感を感じる帯をコーディネートされると、見た目も爽やかで心地よく感じて頂けます。

淡いグレージュ色にクリームベージュの円文の袋帯をあわせました。細やかなタテ縞の万筋にまぁるい円文が優しく寄り添う、清々しいコーディネートでございます。

各種のパーティやお食事会に、モダンで美しい装いが映えます。

江戸小紋の万筋(二ツ割)文様(石塚幸生作)

一寸幅(約3.8㎝)に23本の縞が染められているとても細かい縞文様です。江戸頃から粋とされたタテ縞をさらに細やかにさらに美しくと求めて染められた江戸小紋「万筋」は、現代の風情にもとても良く似合う、都会的で知的なお着物です。

フォーマルシーン~カジュアルシーンまで帯合わせ次第で活躍するとっておきのお着物です。

すくい織夏ひとえ袋帯「円文」

手織りならではのしなやかな織上がりに感動いたします。しっかりと織り込まれた「すくい織」の技の美しさ、風情たっぷりの円文の優雅な織上がり、プチフォーマルな場面を上品に美しく装う帯です。波うつような透け感の涼やかさも情緒たっぷりです。

※商品ページ⇒こちら

6月と9月、単衣の季節のお出かけに、装う方の美しさをより一層引き立たせてくれるコーディネートです。

使用した帯揚げと帯締めはこちらです。

 

 

■着物:江戸小紋「万筋」(グレージュ色)
価格 486,000円
■帯:すくい織夏単衣袋帯「円文」
価格 302,400円
■帯締め: 渡敬
価格 15,120円
■ 帯揚げ:加藤萬
価格 10,800円

お問い合わせはこちら

検索

コーディネートご提案について

コーディネートご提案
について

季節に応じてコーディネートをご紹介してまいります。着物や帯や小物たち、組み合わせをかえるだけで新しい発見があったり、楽しい気持ちになったりいたします。どうぞぜひご参考にして下さい。
ご紹介の商品は店内で取り扱っております商品ですが、一部売り切れの場合もございますので、どうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

  • カテゴリーなし

以前の記事