江戸小紋「畳島」×袋帯「印度金刺繍文」江戸小紋「畳島」×袋帯「印度金刺繍文」

2017年10月2日

江戸小紋「畳島」×袋帯「印度金刺繍文」

 

『畳縞』という文様、それは私たちが暮らしの中で親しんで愛用する「畳」の縞模様を描いた文様です。古い型ですが、考えてみれば暮らしの中にはデザインがたくさんあるのですね。とても身近な「畳」をデザインするなんて、なんと素敵なことでしょう。規則正しく、そして清々しい、さらになんだか癒されるこの文様に、思わず包まれてみたくなります。

「苅安(かりやす)色」という、青みのあるレモンのようなジューシーな色で染めて頂きました。染職人の廣瀬さんも大好きなお色!ということで意気投合し、この素晴らしく清々しい文様には、こんな色が気持ちよいですね!ということに。お召し頂くと、パッと華やぐ感じがとても素敵なお色なのです。

縞彫の型はとても貴重でもあります。彫るのも染めるのも腕の見せ所!カッコいい染め上がりをぜひお手元でご確認頂きたい作品に仕上がりました。

※商品ページ➡こちら

 

 

コーディネートには、アイスグリーンのこんな帯。織楽浅野謹製の袋帯「印度金刺繍文」です。モダンで可愛い色合わせは、お着物姿を上品にドレッシーに仕上げてくれます。

※商品ページ➡こちら

 

 

とてもきれいなお色の帯です。デザインは大変にユニークでキュート。黄色のハートや、ラベンダー色のダイヤがさりげなくあしらわれているところも素敵です。

黄色のハートが帯から飛び出して、周りの皆さまにも可愛いハートをおすそ分け。 いろんなお稽古事の発表会やプチパーティや、楽しい行事のご予定があります!なんて方にもおすすめです。

かしこまり過ぎず、ちゃんとしてる。そんな分別のある大人の装いは、見る目にも安心感と華やかさを与えてくれるものでございます。

 

 

苅安(かりやす)色。この白目の清々しい「畳縞」だからこその、この清々しさですね。古典すぎないけど、そこそこ格もある、そんな帯がとても良く似合います。 帯揚げと帯締めはこちら。フォーマル仕様の上質な帯揚げはグレージュ色、ラベンダーに金糸使いの貝の口の帯締めです。

■着物:廣瀬雄一作「畳縞」
価格 お問合せ下さい
■帯:織楽浅野袋帯「印度金刺繍文」
価格 226,800円
■帯締め: 貝の口金糸色
価格 17,280円
■ 帯揚げ:加藤萬フォーマル帯揚げ(グレージュ)
価格 10,800円
お客様のご利用のパソコン、スマートフォンのブラウザやディスプレイなどにより商品のお色が異なって見える場合がございます。ご了承くださいますようお願いいたします。

お問い合わせはこちら

検索

コーディネートご提案について

コーディネートご提案
について

季節に応じてコーディネートをご紹介してまいります。着物や帯や小物たち、組み合わせをかえるだけで新しい発見があったり、楽しい気持ちになったりいたします。どうぞぜひご参考にして下さい。
ご紹介の商品は店内で取り扱っております商品ですが、一部売り切れの場合もございますので、どうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

  • カテゴリーなし

以前の記事